緊急で使える! | 避妊方法としてピルを服用することは有名です!

避妊方法としてピルを服用することは有名です!

緊急で使える!

「緊急で使える!」の画像です。

低用量ピルは、毎日服用することで妊娠できない体づくりを作っていく確実な避妊方法の一つですが、低用量ピルの存在を知らない女性も多いのではないでしょうか。知らない女性が性行為をして妊娠する可能性がある状況になってしまった場合、ただ何もしないのではなくできることをする必要があります。もし、妊娠する可能性のある行為をしてしまったら、アフターピルという緊急避妊薬を服用するようにしましょう。緊急避妊薬であるアフターピルは、受精卵が着床する前に子宮内膜を強制的に?がし、避妊します。
そのため、服用が遅ければ遅いほど効果が低いと言われているので、性行為の直後に服用するようにしなければいけません。受精卵が着床するまでに最大5日と言われていますが、理想では12時間以内の服用が望ましいです。
アフターピルを飲むと、多くの女性は副作用を引き起こします。副作用の症状として最も見られる症状が吐き気です。体内の女性ホルモンを多くして避妊するので、ホルモンバランスが崩れることで強い吐き気の症状が現われる場合があります。吐き気がすると吐き出してしまいたいと思うのですが、吐き出してしまえば薬の効果が無くなってしまうので、服用した意味が無くなってしまいます。強い吐き気の症状が現われる場合には、吐き気止めなどと一緒に服用しましょう。
吐き出さずに、性行為直後に服用をすれば、80%の確率で避妊に成功すると言われています。避妊が成功すると、3週間以内に生理に似た出血が見られます。3週間以内に出血が見られた場合には、避妊成功だと言えるでしょう。しかし、出血の量があまりにも少ない場合には、成功していない可能性もあるので、検査をするほうがいいでしょう。
3週間以上経っても出血が表れない場合には、失敗だと言えるので、市販の検査薬や病院で診察をしてもらいましょう。