いくつかの種類 | 避妊方法としてピルを服用することは有名です!

避妊方法としてピルを服用することは有名です!

いくつかの種類

「いくつかの種類」の画像です。

メリットが多いので服用する女性も多く人気のある低用量ピルですが、低用量ピルには、一相性ピルと二相性ピルと三相性ピルの3種類のピルがあります。
一相性ピルには、女性ホルモンが一定の量配合されています。そのため、薬を変える必要はなく、何も考えず毎日1錠ずつ飲むことができるため、一番簡単な飲み方ができる低用量ピルとなっています。しかし、二相性ピルと三相性ピルに比べると摂取する女性ホルモンの量が必然と多くなってしまうため、他の2種類のタイプのピルよりも副作用を引き起こする可能性が高いピルとなっています。しかし、面倒くさいことが無い分、薬を飲む順番などを間違えることもなく気軽に服用できるため、低用量ピルを飲んだことが無い女性や忘れがちな女性にはオススメのタイプとなっています。逆に二相性ピルと三相性ピルは、女性ホルモンが一定ではなく、薬によって分量が違っています。そのため、期間によって飲む薬が違っていたりするので、薬を飲む順番が決められています。女性ホルモン配合量によって飲む順番が決まっているので、飲む順番を間違えてしまう恐れのあるタイプのピルですが、一相性ピルに比べると摂取する女性ホルモンの量が少ないので副作用が一相性ピルよりも起こりにくくなっています。飲み方は違っても、生理期間中には服用しなければならいということに違いはありません。毎日1錠ずつ飲み続けていくのが、低用量ピルです。飲み忘れると効果が無くなってしまうので、注意しましょう。